読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【好きな香りでリラックスしました~。香りの力】

こんにちは。

彩です。


最近、

体が疲れているな~、

とか、

体調が、いまいちだな~、

なんて感じて…

~~~~~~~
久々に、
`お風呂用の天然ハーブ´
を購入しました。


~~~~~~~~~~~~~
特に、`レモングラス´
~~~~~~~~~~~~

の香りが好きで…(^^)



レモンよりもパンチの効いた、
香りが楽しめます。

~~~~~~~~~
殺菌、消臭、防虫効果、もあるそうです。
~~~~~~~~~


今回は、お風呂に入れず、
`枕´に入れて、
香りを楽しみました。

しかも同時に、
殺菌、防虫効果、もあるとのことで

一石二鳥、三鳥…ですね(嬉)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

自然と、心がゆったりするような、
リラックス感
が得られました。


好きな香りに包まれるだけで、

すごく`幸せな気持ち´になれる
私です。


`香り´って大事ですね。


~~~~~~~~~~
会社でも、

疲れたな~、と感じると、
アロマオイルを、

ティッシュに垂らして
足元に置いて、
リラックス効果を得ております。

~~~~~~~~~~~~~~~

あなたは、
どんなリラックス方法を
お持ちですか?

~☆~~~~~~~~~~~~

緊張をほぐすためにも、

気軽に、

`ご自身に合うリラックス方法´
を、

いくつか持っておくと、
いいですよね。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

写真のプーさんですが…

次女が、小学1年生に入学したときに、

`学校に行きたくない´
という時期がありまして…(涙)


スクールカウンセラーの先生に
相談したところ、
⬇⬇⬇
例えば…家に、、

`大きなくまさんのぬいぐるみ´

などを置くと、

`安心感´が得られて、
`リラックス´できて、

いいかもしれません。


と、アドバイスを頂いて…

そのあと、思いきって
購入した、我が家の`大きなプーさん´です。
~~~~~
`感触´や、
`存在感´、
~~~~~~

など…
とても癒されます。

プーさん効果も助けになったのか…
今では、

元気に、登校している次女です(感謝)。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

自分にとって、


`好きな香り´
や、
`好きなもの´

をまわりに増やして、

リラックスしながら、
日々過ごしていきたいな~

と、
あらためて

`リラックス´

`香り´


などの大切さを
感じた1日でした。


~~~~~~~~~~~
みなさんも、
リラックスされて
日々お過ごしください。

~~~~~~~~~~~~~
本日も、お読みくださり
ありがとうございましたm(__)m
~~~~~~~~~~~~~~~

パートナーとの関係で、
緊張してしまう…


リラックスできない…
など、
お悩みの方へ


下記サイトでご相談をお受けしております。

お気軽にご相談ください。
↓ ↓ ↓ ご相談はコチラから、どうぞ↓ ↓ ↓ ↓

https://coconala.com/users/366292

モラハラ(DV)の相談をするときに 知っておくと心強いこと´

こんにちは、彩です。

 

春風が吹き荒れる日々、
いかがお過ごしでしょうか?

 

 

花粉症の方には、過ごしづらい季節ですよね。(私も花粉症…(>_<)です)

~~~~~~~~~~~~

さて、今回は、

           
==================
モラハラ(DV)の相談をするときに

知っておくと心強いこと´
==================

を、たっぷりとお伝えしていきます。

まず、


パートナーとの
関係で、

苦痛な原因が

 

モラハラ(DV)だった…

 

と、`知る前は´、

 

あなたが、誰かに
話す際は、

 

ただの、よくある

~~~~~~~~~~~
夫(パートナー)の『愚痴』…
~~~~~~~~~~~~

として、

 


身近な、
家族や友人へ

 

相談したり、話されて

いらしたのではないでしょうか?

 


その時、
どんな言葉が
返ってきましたでしょうか??

 


あなたの、

`気持ち´や、
`状況´を

理解していただけましたでしょうか?

 

それとも、

もしかすると…
例えば、
⬇⬇

`そんなのよくあることだよ´

`男の人は、上手く転がすのよ´

`あなたにも、原因があるんじゃないの?´

`(妻として)至らないんじゃないの?´

`女の人は、昔からそれぐらい我慢してきたのよ´

`みんな、悩みは抱えているんだから、あなただけじゃないよ´

`子供のことを考えてみなさいよ、たった一人の父親よ´

 

 

などなど…

 


言われたことがありませんか?


はい、私は、
上記のような
言葉をよくいただきました。

 

 

それで、更に
落ち込んでしまう…

 

 

ということが

度々ありました。

 

 

相談に乗ってくれた
家族や友人が、
悪いのではありませんが…
(DVについて、わかっていないため。)


普段から、
モラハラ(DV)
を受けて、

 

 

傷ついている側としては、

周りからの
理解が得られない、、

 

 

というのは、
とても辛いこと
ですよね?


私の経験では、残念ながら

`DV専門の相談員´でさえも、
上記のようなことを

 

 

言ってくるかたに
当たったことが、ございます。(1度だけ)

 

 

そのときは、ショックで…

更に傷ついてしまい
立ち直るのに時間がかかりました。


そうです。そのときは、
藁をも掴む思いでおりましたので…

 

幸い、私は、
その相談員に相談する前に

 

 

他の相談員の方にも相談していたため、

次から他の人へ相談しよう!…
と思い直すことができましたが。


もし、初回に、その
相談員に当たっていたら
絶望し…

 

 

現在のように、私は

DVから脱出できていなかったかも知れません。

 

 

弱った状態で

勇気を振り絞って、
相談をしている

 

という中で、

`相談者に理解を示さない´
というのは、

 

相談者へ
どれだけの打撃を与えてしまうか、
計り知れないと、

 

身をもって経験いたしました。

 

そこで、

私のブログを読んでくださっている
あなたには、

 


相談することによって

更に傷ついたり、
落ち込んだりして欲しくない、と

 


心より、願っております。

 

 

もしも、あなたが、
これから
DV相談(女性相談など…)に、

 

 

相談してみよう と
思っていたり、

または、

 

相談したことで更に傷ついたことがある

というかたには、

 

是非、
下記のことを、お心にとめて頂ければ、と思います。


相談する際に
`心強い 強み´となって

 

 

心構えができると
思います。

~~~~~~~~~~~~~

① 専門の相談員だとしても…

 

DVについて、
理解がない、または、
あなたの話を、

 

否定するようなことを言ってくる人もいる可能性がある。

 

その場合、早めに切り上げて、
次からその相談員には、相談しない。
(相談員をこちらで選んでいく)

 


② DVを理解している相談員ならば、

2つ、3つあなたの
パートナーとの日常の出来事を話せば、
すぐにDVと、わかってくれる。


③ DVをきちんと理解している相談員は、
DVを受けている あなたを攻めない、
また、落ち度等、指摘しない

(たとえ、あなたに落ち度があったとしても、それに対して`DV´をするというのはあってはならないことだからです)


④ 上からではなく、
`同じステージ´に立って相談にのってくれる。
~~~~~~~~~~~~~~~

以上です。


また、


DVを受けている側に
しっかり配慮されている

相談員のかたは、

 

モラハラをする人 のことを

ご主人が……
とか
旦那様が……


等とは言わないようにされていらっしゃるようです。

 

ご主人、とか 旦那様、
という表現は、
夫婦間において、

 

`上下関係 (上)´

 

 

を表しているからです。

`夫が ´とか、
`相手が´、

など


が、相談した側(あなた)にとっても

心地よい 耳障りのよい
表現と思われます。

 

 

心身共に、
弱っているこちらとしては、
言葉のひとつによって、


違和感、を、覚えたり
不快感を感じる
こともありますよね。


私も、相談を受ける側として

しっかりと
言葉を選んで使っていこうと、


意識をしております。


勇気を出して、
せっかく相談するのなら、

少なくとも

 

 

`相談して良かった!´

 

と思えるように、
そして、あなたの

 

希望する方向へ
進めるような

~~~~~~
~~~~~~~~~~~~
`有力な情報´を
つかんで頂きたいと
~~~~~~~~~~~~
~~~~~~
思います。


たとえ、不運にも
相談員によって傷ついてしまっても…

決して諦めないでください!

 

 

そこで諦めないで、
進んでいけば、

 

 

必ず、
あなたにとって

頼れる&安心して相談できる相談員

に出会えると、

 

 

私は(経験からも)
思っております。

 

 

また、友人や家族などへは、
ガス抜きに話を聞いてもらう…

ような感覚で、

 


とらえていただくと
よろしいかと思います。

 

 

DV(モラハラ)のあるパートナーとの関係においては、


`DVを理解している 人へ相談する´
(DV相談など…)


というのが、

`根本的な解決に近づいていく
第一歩´と思われます。


私も、
下記サイトで
相談をお受けてしております。


悩まれていらしたら、
ご相談、お待ちしております。

 

本日も、
最後までお読みくださり


ありがとうございましたm(__)m

 

↓ ↓ ↓ ↓ ご相談はコチラから、どうぞ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://coconala.com/users/366292

 

`モラハラ´を受けている中で、少しでも消耗しないためのポイント

前回のチェックシートは
お試し頂けましたでしょうか?

気になられている方は、

ぜひ、今からでも
チェックされてみてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パートナーとの関係が苦しい、

その原因が、`モラハラ´(DV)
だったのか も…

と、
チェックシートで
お気づきになられたあなたへ。

または、
既に、モラハラを受けている、
と気がついていらっしゃった
あなたへ。

本日は、

そのような状況の中で、
過ごしていくときの、

`大事なポイント´

を、私の実体験に基づいて
お伝えしていきます。


苦しい原因が、
モラハラ(DV)だったのか…
と、

今回気が付いたあなたは、
もしくは、
改めて、実感されたあなたは、

ショックでしたでしょうか?

それとも、

原因がわかり、
どこかホッとしたような
感じがされたでしょうか?

どちらにしても、

まずは、
今まで
モラハラ(DV)を

受けながら
頑張ってこられた

ご自身を、

`本当によく頑張ってきたね´

と、讃えて、受け入れて、
ゆっくりと
十分にいたわられてください。

そして、しっかりと
抱きしめてあげてください。

`頑張り屋な方´や、
`真面目な方´ほど、

モラハラ(DV)
という
辛い状況の中でも、

どうにかまるくおさめよう…とか、
私が、もう少し頑張れば…、
など、

人1倍努力をされたり、
耐えていらしたり、

苦しいけれど、
10年も経ってしまいました…
など

長期間に渡って
我慢をされてきた

という方が少なくないようです。
~~~~~~~
私自身も、

10年たってから

モラハラというDVを知り、
モラハラを受けている
ことに気が付き、

そこから動き出し、
現在に至ります。
~~~~~~~~~~

長期間になればなるほど、

心の傷が
深かったり、

心が休まることのない
日々の連続で、

疲労も大きくなっていると
思われます。

そこで、私が
実体験からお伝えしたい
大事なポイントは、

これ以上、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
`心身共に消耗しないようにしていく´
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

モラハラをする相手と一緒にいれば、

不条理な言動や、
理解不能な事が、

次々とまき起こり、

受ける側は、


その度に
神経をすり減らし、

振り回され、

心身共にくたくたに
なってしまうと思われます。

例えば、そんなとき、
相手に、

『あなたがやっていることは、モラハラ(DV)よ。』

などと言った日には、

更に相手からの、
執拗な攻撃を
受けてしまうかも知れません。

結局、相手は、

モラハラ(DV)という方法で、
あなた(パートナー)を
服従させる、(支配する)

ことが目的であるため、

`話し合い は
残念ながら
成立しない´と思われます。

日々、
侮辱されたり、
ひどい言動を受けて、


悔しさや、悲しさが募り、
その気持ちを
なんとか、

相手にわからせてやろう…
理解して欲しい…

等と、思ったりすることが
あるかも知れませんが…

実は、
こちらが
一生懸命になればなるほど、

相手に、
~~~~~~~~
格好の
攻撃の場を
~~~~~~~
与えてしまう

ということがございます。

これらは、あくまでも
`相手がモラハラをする人´
の場合です。

あなたの、真剣な発言が、

モラハラをする相手にとっては、
============
攻撃する`材料´
===========

になってしまうことが
ございます。

ですので、
モラハラをする相手には、

極力、
========
自分の本音や、
思い、思想
を伝えない、
========

ということが、

消耗を回避する
方法の1つになる

と思われます。

 

そこで、
ご提案ですが…

モラハラ(DV)をする相手を、
例えば…

~~~~~~~~~~~~
☆話のわからない宇宙人☆
~~~~~~~~~~~~
のような存在…

と思ってみてはいかがでしょうか?


少し、あなたの心持ちが
変わってくるかと思われます。

モラハラをする相手に対しては、
こちらの
想いを理解してもらおうと、

========
`期待をしない´
========

ということも、
`消耗を最小限にしていく´

ポイントと
思われます。

また、相手に、極力、

~~~~~~~~~~~~~
(会話の中で)
こちらの情報を与えない。
~~~~~~~~~~~~~

ということも、
ポイントであると

私は
思っております。


==========
いかがでしょうか?

もしも、

今まで、
相手に、

意見を伝えるのに
多大なエネルギーを消費していた、

想いを伝えると、
ぐったりと
疲れてしまう…

と感じていらしたら、
上記の通り、

`真剣に伝えるのを
一度手放してみる´

というのも
必要かも知れません。


~~~~~~~~~~~~~~~
まとめますと…

パートナーから
モラハラを受けている…
そんな日々の中では、
⬇⬇
===============
・頑張ってきたこれまでの
ご自身をしっかりと讃えて
いたわること
============
・(心身の消耗を最小限
にするために、)

相手を`☆宇宙人のような存在☆´

と思い、

理解してもらおうと
期待をしないこと、。
=================
・こちらの、情報を極力与えないこと。
==================

になります。

以上の3つは、
イメージとしては、

`応急処置´のような
ものになります。

でも、
いざ、
どこかへ相談しに行ったり、

行動を起こすときのために、

少しでも
あなたの
~~~~~~~~~~~
心身の消耗を防いで
体力を温存していくこと
~~~~~~~~~~
は、とても大切だと
実感しております。

`いざ´
というときのために、
なるべく消耗しないように

日々をお過ごし頂ければ…
と、
思います。

~~~~~~~~~
~~~~~~~~~
次回は、

モラハラ(DV)の相談´
をするときに

心掛けること

また、
誰に相談したらいいのか?

~~~~~~~~~
など…


=====
相談に関する
知っておくと心強い
色々、、
========

を、
お伝えしていきます。


これから、誰かに相談しよう
または、
どこかに相談しよう

と思われている方には、
特に
お伝えしたい内容になります。


~~~~~~~
~~~~~~~~~
本日も、
お読みくださり
ありがとうございました。

↓ ↓ ↓ ↓ ご相談はコチラから、どうぞ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://coconala.com/users/366292

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、パートナーから支配されて、いませんか?

こんにちは。彩です。

 

早速ですが、本日は、

 

`パートナーから

あなたが支配されているかどうか´を

 

チェックできる項目を、

ご紹介します。

 

DVとは、パートナーからの暴力であり、

尊重のない上下関係です。

 

どちらか一方だけが、

権力を持ち相手を支配する

(一方が支配される)

といった関係です。

 

殴られたり、蹴られたり…といった

身体的暴力が全くなくても

 

`気がつかないうちに

支配されている´

状況もあります。

 

日頃、

パートナーと一緒だとなんか辛いな、

とか

 

緊張するな、

意見を伝えるのにすごくパワーがいるな、

 

等と感じるとことがあれば…

 

もしかすると、

パートナーから支配されている、

からかもしれません。

 

分かりやすいチェックシートがありますので

気になった方はぜひ

チェックをされてください。(⬇下記)

 

【支配があるかどうかのチェックリスト】

□パートナーの言うことは絶対だ

□自分の希望をパートナーに伝えるのはとて もエネルギーがいる

□パートナーが帰ってくると緊張する

□パートナーを恐れている

□パートナーがいる前で電話をしたくない

□パートナーを待たせることはできないと思   っている

□自分がどう感じるかではなく、パートナー   が怒らないかが基準になっている

□ 予定より遅く帰るなんてできないと思っている

□パートナーの言動に意見を言うことはできないと思っている

□間違っていると自分は思っても、パートナーに同調しなくてはならない

□パートナーに自分の本音は絶対に言えない

□パートナーが怒りだすと、なんとかなだめようとしてしまう

□パートナーが機嫌の良い状態であるためにはどんなことでもする

□どんなに自分が楽しんでいてもパートナーの機嫌が悪くなると、もう楽しむことはできない

□パートナーのセックスの要求は断れないと感じている

□自分のほしいものでもパートナーが良い顔をしなければ買えない

□子どもがパートナーの気に入らないことをするとすごくあせる

□パートナーについた嘘がばれるのが怖くてしょうがない

以上

(『傷ついたあなたへ~わたしがわたしを大切にするということ~DVトラウマからの回復ワークブック』NPO法人レジリエンス(梨の木舎)より抜粋)

 

いかがでしたでしょうか?

あなたは、何か、当てはまりましたか?

 

今まで、なんかわからないけど

パートナーといて辛かった

とか、

 

心が休まることなく疲労している…

 

だけど、何が原因で苦しいのか

わからなかったという方が、

 

上記のチェックリストで

セルフチェックしていただくことにより

 

`支配されているのかも…

と、気がつくきっかけ´にもなります。

 

最初は、自分がまさか…

と受け入れ難い方もいらっしゃるかも

しれませんが。

 

苦しい原因を

知ることにより、のちに

気持ちが少し軽くなる場合もあります。

 

 私は、原因がモラハラ(DV)と知ったときに

なんだかピタッと、自分の苦しみが

形になったような…

 

パズルがピタッとはまったような

そんな感じがしたのを

覚えております。

 

また、

DV(モラハラ含む)をする人の言動は、

びっくりするくらい、

共通したものがあります。

 

私が、初めて、

自分がモラハラを受けている 

と、わかったのは、

 

`一冊の本 ´からなのですが、

 

まるで、私の状況を書いてくれたの?‼

と、思ったほどでした。

 

私が日頃、

苦しかったことが、

見事に

書き綴られていて…

 

あのときの、

衝撃と、感動は、

今でもはっきりと

覚えております。

 

セルフチェックにより、

いくつか当てはまった、

という方、

 

パートナーから支配されている

かもしれない、と感じたあなたへ、

 

次回は、

今後 をどのように

過ごしていくかを

 

考える 大切なポイントを

お伝えしていきたいと思います。

 

それにしても、2月は寒さが厳しいですね。そんな中、寒さが緩んだ日には、なんだかウキウキする私です。

 

本日も、

お読みくださりありがとうございました。

↓↓↓↓ご相談は、こちらからどうぞ↓↓↓↓

https://coconala.com/users/366292

 

 

 

 

 

私が経験した`モラハラ´の実例

こんにちは、彩です。

寒い日が続いておりますが、
皆様、風邪などは
ひいていないでしょうか?

前回に続き、
今日は、
モラハラ´をもっと理解して
いただくために、

私が実際に経験した
モラハラの実例´を
お伝えしていきます。

今回、
モラハラをする夫=モラ夫
モラハラを受けている妻=妻
とします。

実例1:【車で出かけるとき…】

モラ夫:「エンジンかけてるから。」

と言って、そそくさと
先に車へ行きます。

妻は、いつものことながら、
先に車で待っている
モラ夫を怒らせないようにと
電気、ガスの消し忘れをチェックし、
戸締まりをし、
忘れ物がないように
慌ただしく準備します。

自分の身なりを、整えるのも
ままならないまま…

モラ夫は、大抵、出発時間
を妻には伝えません。

最短で準備を済ませ、
妻が車に乗り込むと、

モラ夫:「俺の、〇〇持ってきたよね?」

妻:「…」

モラ夫:「こんなに待たせて何を準備してたんだよ!ほんとダメだなお前は‼」

等と、
明確に持ち物を
伝えていなくても、
常に、
自分は正しくて、

`相手が間違っている´
というのがモラ夫の
常ですので、
このような言いがかり、のようなことを
きっかけに
車という密室で
妻に怒鳴ったり、もしくは
なじったりします。

出発して、運転している時に
モラ夫が、機嫌を損ねると
運転があからさまに
荒くなったり、
もします。
そのため、
妻は
何も言わずに、従う方が
安全、と学んでいるため
モラ夫に、従うのです。

実例2:【車の中で】

妻:「ガム食べる(食べます)?」

モラ夫:「いる。」

妻が、タイミングをみて
ガムを1つ渡すと、

モラ夫:「剥いて渡してよ!気が利く女は言われなくても、それぐらいするんだよね。」

妻は、そうか と反省します。
次からは、
運転中、
ガムは剥いて渡そうと。

しかし、別の日に同じ状況で、
ガムを剥いて渡すと、

モラ夫:「毎回、剥かなくていいんだよ。わからない?ほんとダメだな。」

のように、
モラ夫は自分の中の
`時価のルール´で
妻を
攻撃し、惑わせます。


実例3:【体調が悪い時】

妻が体調を崩したとき
こんな感じです。

モラ夫:「具合悪いの?夕飯はどうするの?」

妻:「もう少ししたら作るね(ります)。」

モラ夫:「いいよじゃあ俺が作るから!寝てれば?」

妻:「いいの(ですか)?ありがとう(ございます)」

妻は、少しゆっくりできるかな?と安心したのもつかの間…

夕食を作り始めた、モラ夫がすぐに、

モラ夫:「この包丁切れないなぁ、いつもこんなので切ってたの?横着しないで包丁くらい研げよ!よくこんなので料理してるよな!」

妻は、布団のなかでドキドキし始めます。そして休まるどころではありません。

間も無く加害者が、

モラ夫:「玉ねぎどこ?」

妻:「今 きらしていて無いの(です)。」

モラ夫:「??‼ない?って嘘だろ?玉ねぎをきらしてる家庭なんて他にはないぞ!どこの家庭でも玉ねぎは常備してるのが普通だ。ほんとダメだなお前は‼」

妻:「ごめんなさい…」

と、これからは常備しなきゃと
妻は反省させられ
ちっとも休めません。

…このようなやり取りが
続き、
モラ夫が徐々に、いらいらしてくるので、

妻は
自分が、夕食を
作った方が楽だ…
と思い、
`結局 休めずに台所に立つ´
ことになってしまうのです。

特徴としては、
モラ夫は、妻を
`人´としてではなく
`物´として認識しています。

そのため、妻が具合が悪い
といっても、
普段のモラ夫自身の身のまわりの
負担が増えてしまう、
という懸念が先で、

妻に対し
何で具合が悪くなるのだ
と、攻めたりもします。

逆にモラ夫自身が
具合が悪いときは
そそくさと布団で寝込んだり、
妻に面倒を見させます。


あなたは、
このようなご経験はありませんか?


もしも、似たようなご経験が
あれば、`モラハラ´
を受けているかもしれません。

次回は、モラハラを受けて
いるかもしれない

と感じたあなたへ
パートナーとの関係を
ご自身で
チェックできる項目を
挙げてお伝えしていきます。

 

本日も読んで下さり
ありがとうございました。

 

↓↓↓↓ご相談は、こちらからどうぞ↓↓↓↓

https://coconala.com/users/366292

パートナーとの関係でお悩みの方へ `モラハラ´ってご存知ですか?

初めまして、 彩です。

ブログを、開いて下さり
ありがとうございます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
加害者(パートナー)が
帰宅すると、緊張する
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という方は、もしかすると
モラハラを受けているかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~
モラハラ(DV)を経験し、
脱出した私が、

パートナーとの関係(モラハラ)で
苦しんでいらっしゃる方へ

1人でも多くの方へ
メッセージを届けたい、
また、希望を捨てず、
前へ進むきっかけになってくれたら…
という願いを込めて、
ブログをはじめました。

~~~~~~~~~~~~~~~

あなたは、`モラハラ´をご存知ですか?

知っている、
または、聞いたことがある、
という方もここ数年で
増えて来ているようです。

DVの特徴を知るだけで、
アンテナが働き、
DV被害に遭いにくくなると
私は感じております。

また、DVの状況に置かれていても、
DVが何なのか、知らないがゆえに
気が付いていない場合もあります。

 

~~`モラハラ´ってなに??~~

モラハラは=精神的DV●
です。

殴ったり蹴ったりの身体的DVと違い、`目に見えないDV´で、

周囲に理解されにくく、
自分自身でも気付きづらい、

`たちの悪いDV´です。

徐々に生きる気力を
失ってしまうほど、
破壊的な力があると言われております。

身体的DVであれ、
精神的DVであれ、
相手(被害者)を物として扱う点、
二人の関係性が
`尊重のない上下関係´
であることに
かわりありません。

一つ一つは、
針でチクッとしたような?
我慢できるかな?というような
出来事なのですが、
(侮辱、思想の否定、
子育てへのダメ出し、
人格否定、無能扱いされる、
身内の侮辱、無視される、
…などなど)

長年の積み重ねで、
少しずつ`心´が
傷ついていき、
自信を失い、
気が付くと
逆らう気力も失って、
加害者の`支配下´
になっています。

何をきっかけに、
加害者の
`怒りのスイッチ´
が入るかわからないので、
家の中に、
`爆弾´
を抱えているような生活で、

被害者は、
・心が休まることがなく
・心労がかかり
・心身ともに体調を崩す

といったことが
多くあります。

モラハラ加害者は
・相手を懲らしめ
・弱らせ
・自分の支配下に置く

ことが目的です。
そのため、
被害者を`今 ´弱らせておく必要がある
という時に度々被害者へ
ダメージを与えます。

夜中だろうが、
早朝だろうが、
関係なく、
一方的に
説教のようなことが
はじまったりもします。

被害者は、反省し、
説教で言われたことを
守って、忠実に行動しても
また、怒られ、なじられます。

例えば…
寝る前の寝室でのこと。
もう寝るんだろうなという
気配を感じて、
被害者が、電気を消すと、
加害者:「何で、急に消すんだ‼
それぐらい聞いてからにしろ!
だからお前は気がきかないんだよ。
本当にダメな女だな、、!!」

と、急に、怒ります。

被害者に、緊張が走り、
明日は気を付けなきゃ、
と反省をします。

次の日の夜、
反省した被害者は、
寝る前に、電気を消さないでいると、
加害者:「何でいつまでも電気をつけて
るんだよっ!!!
気が利かないなお前は!
そんなこともわからないのかよ‼」

被害者は、
昨日の反省を元に行動したのに、
また加害者から怒られます。
結局、Aをやろうが、Bをやろうが、なじられる、怒られるということです。

そうです。

どんなに気を使って
相手に歩みよろうと努力
しても
モラハラ加害者は

モラハラ加害者の都合で
常にルールを変えて、
被害者にルールを教えずに

後出しじゃんけん´をするため
加害者が、
被害者を認めることはありません。
(`ハネムーン期´と言われる、
DVのサイクルの中で
`穏やかな時期´には、たまに認めるようなことを言う場合もあります。)
  ↓
  ↓
  ↓
被害者は、
いつもなじられているのに、
たま~に認められると、
妙に嬉しくなり
やっぱり自分が頑張れば
やっていけるかも…
なんて思ってしまうことが多いのです。

どうでしょうか?
あなたは、大丈夫ですか?

被害者は
加害者を怒らせないように
常に加害者の機嫌をとろうと
努めるので

自分の意見は持てずに、
`自分らしさ´を
どんどん失ってしまいます。

・自分が何をしたいのか
・何が楽しいのか

さえもわからなくなってしまうのです。

被害に遭ったことのない方ですと、
`そんなん言い返せばいいじゃん´
と、思われるかもしれません。

しかし、、DVは

`限られた空間´で
`限られた人´

に向けて行われます。
世間では、加害者は
`いい人´を演じるので、
優しい人に見えていることも多々
あります。

一度、支配下に置かれてしまうと、
`恐怖心´を持たされてしまうので、
逆らう、
意見を言う、
のは、被害者にとって、
`とてつもないエネルギーが必要´
で、
大変な事なのです。

 

いかがでしたか?
モラハラ´について
少しわかって
いただけましたでしょうか?

次回は、日常に起こる
モラハラ´の
具体的なエピソードを
紹介していきたいと思います。

パートナーとの関係で
今回少しでも
あてはまることがあった

というあなたには、
ぜひ、次回のブログも
読んで頂きたいです。


私のブログを読んでいただくことにより
DVに遭いにくくなる、
または気が付く`きっかけ´に
なってくださったらいいな~
と思っております。

ではまたm(__)m

↓ ↓ ↓ ↓ ご相談はコチラから、どうぞ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://coconala.com/users/366292